Japan for Africa

Japanese celebrity impersonators re-enact “We Are the World,” with picture-in-picture American celebrities. Despite studying Japanese in college for more than one year, the answer is, no, I have no idea what this is all about. 零.

Will Alex post his comments in hiragana? Will regular commenter Jill declare that this is good for the soul? Will you still have a soul after watching this? I feel mine may be endangered.

Via Stereogum.

Advertisements

One Response to Japan for Africa

  1. Alex LaPointe says:

    景帝は紀元前141年に崩御し、劉徹(武帝)が即位した。武帝は文景の治で充実した国力を背景に積極的な施策に乗り出す。

    内政面においては郷挙里選の法を定め儒者の官僚登用を開始した。また諸侯王の権力を更に弱めるために諸侯王が領地を子弟に分け与えて列侯に封建するのを許す推恩の令を出した。これにより封国は細分化され、諸侯王勢力の弱体化が一層顕著なものとなった。

    外交面では北方の匈奴とは、前200年に高祖が大敗を喫して以来、敵対と和平政策が繰り返されていたが、概ね匈奴が優勢である状況が続いていた。これに対して武帝は前134年に馬邑[4]の土豪であった聶壱の建策を採用、対匈奴戦に着手した。前129年に実施された第一回目の遠征では四人の将軍が派遣され、他の将軍が敗北を喫する中で車騎将軍・衛青は匈奴数百の首を獲得する戦果を挙げている。以後衛青は七度に渡り匈奴へ遠征しその都度大きな戦果を挙げた。また衛青の甥である霍去病の活躍により、渾邪王が数万の衆と共に投降するという大戦果を挙げた。これにより匈奴は北方への移動を余儀なくされ、漢は新たに獲得した西方に朔方・敦煌などの郡を設け統治を開始した。

    また朝鮮の衛氏朝鮮・ベトナムの南越国への征服も実施し、朝鮮には楽浪郡などの四郡を、ベトナムには日南郡を設け新たな直轄領とした。また匈奴対策の一環として張騫を西方に派遣し、烏孫・大宛などとの関係構築を模索し、結果としていわゆるシルクロードの交易路が開け、西方の文物が漢にもたらされるなどの影響を与えている。

    しかし相次ぐ軍事行動は財政の悪化をもたらし、また文帝時代から進んでいた商人の伸長とそれによる富の偏在なども深刻な問題となった。これら大富豪たちは後に豪族と呼ばれる存在に成長していくこととなる。

    武帝は経済官僚である桑弘羊を登用して塩鉄専売制を開始、また商人に対しては均輸・平準を行い、商工業者に対して新税を設置、国家収入の増大を図った。しかし専売と新税により経済活動に打撃を受けた商人は没落し、貧民たちを指揮して盗賊化した者も発生した。

    社会不安に対しては武帝は酷吏と呼ばれる法家系の官僚を登用し、厳格な法治主義で対応した。盗賊を摘発できない、又は摘発件数が少ない地方官僚は死刑とする沈命法を出している。また前106年には郡太守が盗賊や豪族と結託している現状を打破すべく、全国を13州に分割し、州内の郡県の監察官として州刺史職を新設した。

%d bloggers like this: